音ノ木坂学院ボドゲ研究部・活動日誌

月に一度集まり、各種ボードゲームで遊ぶサークル。 開催のお知らせや活動報告などを書いていきます。

スクコレデッキ紹介「μ's 3年生組デッキ」

 

こんにちは、BellFlowです。

 

今回から、メンバーが使用しているラブライブ!スクールアイドルコレクション」のデッキを紹介していこうかと思います。

単純に、開催告知と活動報告だけじゃつまらないよねーという気持ちから始めた企画です。

 

初回の今回は、わたしがスクコレ始めた当初から少しずつ改良してきてる、μ'sの3年生組を使用したデッキ「μ's 3年生組デッキ」を紹介します。

...恐ろしくつまらないネーミングですね。

なんか考えたいと思います。

 

で、こちらがそのデッキ。

 

f:id:otonoki0101:20170616030624j:plain

f:id:otonoki0101:20170616030640j:plain

f:id:otonoki0101:20170616030650j:plain

f:id:otonoki0101:20170616030708j:plain

 

えりちの★3つのカードが主軸になってるデッキです。

それに、Rushカード6枚とLiveカード2枚とバランスよく加えて、効果持ちのカード5枚、ノーマルカード9枚。

偏りもなくバランスのいいデッキだと思ってます。

 

楽曲カードのポイントも4×2、3×2、2×2です。

もっともバランスのいい楽曲カードの組み方だと思います。

 

【このデッキのポイント】

やはりポイントとしては、2枚のにこっちの効果カードです。

このカードの効果により、2ポイント以上ライブ済みの場合、効果がない楽曲カードのライブをする時にスコアがすべて2になります。

これで、3ポイントや4ポイントのライブをしやすいようにしています。

 そのサポートのため、のんたんのカード入れ替えの効果や、えりちの場から引き戻してドローする効果を利用しています。

えりちの場から引き戻してドローするカードは、状況に応じて戻すカードをRushカードにするか、フリースコア3つのカードにするかで調整できます。

 

楽曲カードの「Snow Halation」は、ゲームセットのポイントを+1し、場を撹乱するのに有効なカードです。

 

一見、カードを入れ替えたり場からカードを引き戻したりと複雑な動きをするデッキですが、戦い方が分かればさほど難しいデッキではありません。

 

【このデッキの難点】

最初に2ポイントや3ポイントの楽曲カードがうまいこと来てくれれば問題ないのですが、いきなり4ポイント2枚になった場合、序盤の戦いがかなり苦しくなります。

フリースコア3つのえりちがありますし、ノーマルカードのバランスがいいので乗り切り安いのは確かなのですが、スピードは確実に落ちます。

そうなった場合に、いかに乗り切れるかがカギになって来ます。 

 

また、全スコアを2にするにこっちが来るかどうかもカギのひとつでして、これが来ないとかなり苦しい戦いになります。

2枚入っているとはいえ、なかなか来ない場合もままあります。

 

 

スクコレ始めた当初から少しずついじって来たデッキですので、かなり完成に近い気はしていますが、まだまだ気になるところがあるデッキです。

 

 

さて、次回誰かが投稿してくれればメンバーの誰かが、なければまたわたしのデッキになると思います。

もっとプレイヤー増えてほしいんですけどね...。